DIY型賃貸借の普及

入居者と物件オーナーは共に「原状回復」という課題を持ちながらも、それぞれの半数近くは、「DIY型賃貸借」を取り入れる気持ちが前向きになっているようだ。

ただ、それを後押しする不動産会社の調整力や、入居者が情報を得る手段に乏しい現状がある。

DIY型賃貸借で入居者の「好み」や「らしさ」をかなえることは、空室を抱える物件オーナーが望むその「建物らしさ」を生き返らすひとつの方法だ。


堺市の不動産・一戸建て・土地情報はコーシンホーム株式会社

logo[1]

住宅確保要配慮者への支援(終)

オーナー、管理者、入居者で管理運営がうまく回るようになれば従来の賃貸住宅のような不安を抱えることも減るだろう。もちろん、維持管理に不安な入居者の不安も減り入居率の上昇を期待することもできるだろう。少子高齢化の現代、必要なのは昔ながらの「助け合い」精神なのかもしれない。

既存住宅流通量

15年の既存住宅流通量は増加しており、4年連続増加傾向だ。

都道府県別にみると、1.東京都、2、大阪府 3、神奈川県 となっている。

全体の住宅ストックの中で既存住宅がどれほど流通しているかを示す既存住宅流通比率は、京都府が最も高い。

京都府は、様々な規制などで新築が建設しにくくなっている地域だからではないかとされているようだ。


堺市の不動産・一戸建て・土地情報はコーシンホーム株式会社

logo[1]

住宅確保要配慮者への支援(3)

その問題の一助としてあるのが「家庭掃除・収納士」の資格認定講座である。資格取得者が希望すれば自分が入居しているシェアハウスを仕事場にすることもできる。改正住宅セーフティネット法の対象にシェアハウスが加わっているのは「住宅弱者」に当たる人々にとって住む場所と雇用の両方が取得できるのではという期待が込められているからなのだ。

低炭素建築物

低炭素化の促進に関する法律に基づく低炭素建築物新築等計画の認定を受けた建築物については、蓄電池など低炭素化に資する設備について、通常の建築物の床面積を超える部分は容積率算定時の床面積に算入しない優遇措置が受けられる。

また、認定を受けた一定の新築住宅は税制優遇措置の対象となる。


堺市の不動産・一戸建て・土地情報はコーシンホーム株式会社

logo[1]

住宅確保要配慮者への支援(2)

生活のためにも、また新規入居者の内覧のためにも重要なのは共用部分の清掃状況だ。衛生面はもちろんのこと、内覧時に汚れた部分が目立てば入居率も下がってしまう。

入居者の心掛けである程度の水準は保たれるだろうが、規模の小さい住宅ではなかなか難しいだろう。

木造戸建に新工法「望み455」

建築基準法が求める強度をはるかに超えた耐力壁を採用した

住宅の新・建築システム「木造住宅”望み455”」が登場した。

壁倍率10倍(建築基準法で求めれれる強度は最大でも5倍)の耐力壁を実現した。

同システムの魅力は耐力壁の幅が狭いため大きな開口が取れることである。

一人暮らし「8割が満足」

全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会が、

「一人暮らしに関する意識調査」を行った結果、8割が満足と回答。

家賃以外では、「間取り」「日当たり」などの建物環境、駅やスーパーなどの利便性を重視することが分かった。

住宅確保要配慮者への支援(1)

国土交通省は経済的事情や身体状況などから良質な賃貸住宅への入居が困難な「住宅確保要配慮者」への支援を本格化する。シェアハウスも政策対象にあたり、家賃補助や各種補助金も準備される事になる。

ポイントになるのは清掃だ。国籍や年齢、生育環境が異なる人たちが入居するのだから共用部分の清掃が行き届かないとトラブルの元になりがちなのだ。

国税庁 ネット公売

国税庁は5/19~22、今年度1回目となるインターネット公売を実施する。

「不動産等」は82売却区分が出品される。「動産等」は135売却区分が出品される。

国税庁が公売にインターネットを導入してから10年が経過した。

「場所や時間の制限を受けずに、広く多くの参加者を集められるため、競り売りによってより高額で売却できる」と導入効果を分析している。