木造一戸建て価格推移

11月の木造一戸建て住宅価格は首都圏の新築がマイナス0.2%、中古がマイナス2.6%と数カ月ぶりに下落した。

新築は東京都が大きく下落した反面、神奈川県と埼玉県は増加している。関西圏はマイナス1.1%の連続下落、中部圏はマイナス3.1%の反転下落となっている。

中古住宅は首都圏マイナス2.6%(神奈川県と千葉県はプラス)、近畿圏はプラス2.6%の反転上昇、中部圏は2.1%の連続上昇となった。