雁行壁面

マンションなどの各住戸をそれぞれ斜めにずらして建てる工法のことをいう。雁の群れが斜めに列をなして飛ぶ姿から名付けられた。この工法では全ての住戸が角部屋になり、日当たりや通風の面で優れているとともに、各住戸の独立感や解放感が高まるといわれている。